折々のことばと写真Ⅴ

第41話 愚かさの極み、「松代大本営」跡に想う

 コロナ禍の緊急事態宣言下でしたが、閉じこもりに耐えられず遠出をしてきました。かねてから見ておきたいと願っていた「松代大本営」跡を訪ねてきました。「松代大本営」跡(松代大本営地下壕)と言っても、分かる方は限られるでしょう。しかし、記憶しておかねばならない戦争の狂気を証明する地です。第2次世界大戦の末期、本土空襲が始まり、東京と皇居への空襲が目前に迫ってきました。そこで日本陸軍部は、本土決戦のための最後の拠点として、秘密裏に固い岩盤を持つ長野の松代・象山の下に碁盤の目のように地下壕を掘り、皇居、大本営、政府機関、軍施設などを、この地下壕に移そうと企画実施した戦争遺跡です。昭和19年11月から昭和20年8月15日の敗戦の日まで、およそ9ヶ月間で全工程の8割が完成したということです。

 土地は強制的に買収し、当時の金額で2億とも言われる工事費を投じて、日本人の勤労奉仕隊、学徒動員だけでなく、朝鮮人労働者を強制的に大量動員しました。食糧事情も悪く、工法も旧式で、人海戦術で突貫工事を強い、正確には今もって分からないほどの多くの犠牲者を出しました。陸軍省で正式に起案・企画され、大本営幹部会で承認、東条内閣最後の閣議で了承された国家的工事でした。工事が進捗すると宮内省関係者も視察し、敗戦直前まで本気で「遷都」を考えていたようです。

 現在、この巨大地下壕の一部が無料公開されています。コロナ禍の最中で、見学者は私たち以外だれもいません。ヘルメットをかぶり、壕入口から下の方に降りて行きます。今日の自動車や列車の通行のために整備されたトンネルを見慣れた者にとっては異様な光景です。炭鉱の跡と言っていいでしょう。掘削機で削岩したままの形状です。裸電球に照らされた削岩したままの荒涼とした広い坑道がずっと奥まで続いています。網の目状にと言われるように黒々とした横への坑道が次々に現れてきます。寒々とした坑道が続くだけです。

 「こんなところに遷都しようとしていたんだ」と思うと、愕然としました。「貧すれば鈍する」。一国の歩みを「バクチにかけた」国の指導者たちの精神の在り様に暗然としました。ここに皇居を持ってこようとした。ここで一国の経営・指導をしようとした。ここで本土決戦の指揮をとろうとした。「惨め」という以外ない。愚かさの極みです。合理的な思考も、自尊心も、国民への思いやりも、なにもかも「ない」のです。あるのは、すべてを犠牲にして国体を護持し戦争を継続する意志だけです。このむごい継戦意志によって、沖縄戦が、広島・長崎の原爆投下が、起こったのです。戦争指導者たちの愚かさと狂気にあきれ果てました。「正気の沙汰」ではありません。

 戦争はあってはならない。起こしてはならない。戦争という紛争解決の手段は、どれほど賢明な判断のように思えても狂気です。このような愚かさと惨めさへと突き進む。ここは戦争の愚かさと狂気の証拠です。多くの方が見て、感じて、ほしいものです。今回の花は「シャスターデージー」とします。壕の入り口に供花のように咲いていました。(2021/6/5)

第42話 「ホームレス歌人」を思い起こして

 現在、コロナ禍の中で経済的な格差が広がり、分断と貧困とが増大しています。新聞記事の中にも人々の悲鳴のような声が記されています。政権を担当している人たちの耳には到達していないのでしょう。悲しいことです。

 リーマンショックで銀行や証券会社が倒産し、経済が大きく失速・縮小した時代がありました。新宿や浅草などで炊き出しがなされました。その時代、2008年12月頃から1年ほどの間、朝日新聞の歌壇欄に「ホームレス歌人」と言われる人が登場し、鮮烈な歌が一閃の光芒を残して去りました。深い感慨をもって読みました。あの人はどうしているだろう。コロナ禍の中で、同じような炊き出しがなされています。「ホームレス歌人」を思い出しました。

 わたしは今、暇で図書館通いをしています。先日、図書館で除籍本の展示があり、「自由に持っていってください」とのことでした。覗くと「短歌研究」(2010年10月号)があり、第28回現代短歌評論賞を受けた「或るホームレス歌人を探る……響きあう投稿歌」(松井多絵子)が掲載されていました。こんな論文があることも知りませんでした。持ち帰って読むと、当時の感動がよみがえりました。朝日歌壇に掲載された公田耕一というホームレス歌人の40首のすべてを採り上げ、解説と共に、それに応答して朝日歌壇に掲載された返歌を採り上げ、当時の朝日歌壇の中でなされたホームレスを中心とした「貧」に対する共感と心温まるコミュニケーションの広がりを描き出していました。

 同じ図書館の書架で「ホームレス歌人のいた冬」(三山喬著)を発見しました。これは歌論ではなく、ジャーナリストによる、ホームレス歌人「公田耕一」氏の投稿歌40首と応答歌から氏の身元の探索物語・ルポルタージュです。横浜のドヤ街でホームレスの人たちから、福祉関係者から、歌人の心理状況から、地を這い訪ね回っての労作です。探偵小説を読むようなスリルがありました。結論として、「公田耕一」はペンネームで、確かに存在の影があるが捕捉することは出来なかったというものです。広がりのある社会時評でもあります。

 リーマンショック時に劣らず、現在はコロナ禍の中で、多くの路上生活者が生じています。「公田耕一」氏ほどの歌人が歌壇を賑わせてはいませんが、共感と感動があちこちでなされているだろうと思っています。わたしは今も、朝日歌壇を読み続けています。詩心、歌心などとは無縁の首相官邸や霞ヶ関でも、新聞などに載る悲鳴の声、うめき声に耳を傾けてほしいものです。今回の花は「ヤマボウシの花」とします。かつてのホームレス歌人への共感をもって選びました。(2021/6/11)

第43話 「核兵器禁止条約」の署名・批准を急げ

 2021年7月7日の朝日新聞に1ページ全面の意見広告が掲載されました。「核兵器禁止条約……日本政府も署名・批准を」という135人の意見広告です。これへの賛成の応答です。これだけの各界の指導者たち、その背後にはもの言えぬ多くの人たちがいます。この人たちが、今ようやく政府にもの申しているのです。

 日本は唯一の被爆国です。広島と長崎へ、米国によって初めての原子爆弾が投下され、多くの犠牲者が生じ、被爆者は長い間苦痛を味わってきました。毎年、広島と長崎で平和と核廃絶の願いをもって式典を行い、核廃絶を望む決意を宣言してきました。その中で、ようやく2017年7月7日、国連総会で「核兵器禁止条約」が採択され、86カ国が署名しました。この日を覚えての今回の「意見広告」でした。今年2021年1月22日に、50カ国(現在54カ国)の批准をもって条約は発効しました。核兵器の開発、実験、製造、備蓄、委譲、使用、威嚇使用の全面的・包括的な禁止と廃絶を求める条約で、今や世界の声となっています。

 ところが肝心の日本政府は、この条約に賛成の署名も批准もしようとしません。むしろ、条約作成の段階から反対し続け、不参加を続けてきました。唯一の被爆国でありながら国民感情を無視し、被爆者の想いを受け止めず、核廃絶のため努力をする人たちを無視しています。アメリカの意向を忖度し、国民の真剣な願いを葬っているのです。アメリカの核の傘に身を寄せ、あわよくば自分も核武装しようとプルトニュームを蓄えているのです。

 核兵器禁止を訴える国民の声を代弁せず、安保関連の法制変更を強行し、憲法9条を改変しようとしている日本政府は、どちらを向いているのでしょうか。もはや日本の国民を正当に代表する政府ではなくなっています。残念なことは、日本の報道機関、ジャーナリズムが、これらのことを真剣に採り上げないことです。核兵器禁止条約の全体構成も伝えられていません。ジャーナリズムも失格です。もっと積極的に危機感をもって国民に向かって訴えてほしい。まだ間に合います。核廃絶のために声を挙げ、立ち上がりましょう。今回の花は、世界の平和を願って「コスモス」とします。(2021/7/9)