折々のことばと写真Ⅳ

第31話 漂流を続ける日本丸

 新型コロナウィルスの感染禍の中で、連日、テレビ、新聞では感染状況と街中での人の動きが報道されています。医療現場で働く人たちの苦悩、経済的に逼迫している町の人たちの痛みと苦しみ、慌ただしく記者会見する地方自治体の首長たち。その中で、国会が6月末で閉会となって以降、顔を見せないのが安倍首相です。いったい、安倍さんはどこにいるのでしょう。

 新型コロナウィルスの第2波が来ています。国中の人たちが悲鳴を上げている状況です。コロナ禍の対処のため、世界中の国々の指導者は、適切か否かは別にして、真剣に国民に呼びかけています。あのトランプさんでもマスクをして会見に臨んでいます。いったい、安倍さんはどこに雲隠れしているのでしょう。

 野党も、ようやく臨時国会の開会の要請を出しました。東京都の医師会も国会を開会して法案の審議を要請するようになりました。PCR検査、一日2万件はどうなっているのでしょう。与野党あげて課題に取り組まねばならない時です。本来、陣頭指揮を執らねばならないこの「非常時」(わたしは「非常時」という語は使いたくないのですが)に、日本丸は指揮官を失った漂流船のように右往左往しているのです。

 第2次補正で膨大な「予備費」を計上して済みではありません。コロナ禍の第2波、第3波で、経済は大きくダメージを受け相当逼迫するでしょう。医療関係も大きく損傷するでしょう。大きな国家的な手当をしなければなりません。一般会計の組み直しをすべき政治の出番です。早急に延期したオリンピック・パラリンピックを中止して、その費用を支援のために充当すべきです。トランプさんに強要された戦闘機の購入費を削減して回すべきでしょう。

 先のアジア・太平洋戦争では敗戦の決断の遅れが決定的となりました。最高指導者のグズグズが千載に悔いを残すことになります。安倍さんにこのまま日本丸の指揮を任せているわけにはいかないでしょう。野党の方々の奮起、知恵と決断とが頼りです。今回の花は、「沈黙」という花言葉を持つベラドンナリリーとします。実家の裏にさみしく咲いていました。野党の方々に雄弁に語り出してほしいものです。(2020/8/1)

第32話 敗戦後75年の記憶喪失

    今年2020年は、敗戦後75年です。戦後も75年経ったかという思いと共に、現在のコロナ禍の後、これから日本の国はどこに行こうとしているのかという不安が増しています。わたしは今から10年ほど前に、生まれた地・旧満州を見るために中国の東北部を旅しました。日中戦争の引き金となった柳条湖事件の跡地に大きな記念館が建てられ、巨石の碑に「1931 9・18 勿忘」と大書されていたのが忘れられません。

 わたしたち日本人は、もう忘れてしまったのでしょうか。沖縄戦の壮絶な経験も、広島と長崎に落とされた原爆の悲惨さも、そして敗戦の事実も、きれいに忘れてしまったようです。都合のいい「未来志向」の名の下に、自分たちの犯した戦争の犯罪もアジア諸国への侵略と加害の事実も、爆撃で焼土となった戦争体験も、きれいさっぱり記憶の彼方に押しやっているようです。「語り部」と言われるごく少数の人たちが僅かな受難の記憶を何とかして伝承しようとしているだけです。

 日本は国家として「戦争の責任」を追求しませんでした。連合国側の「東京裁判」で終わりとしてしまいました。ドイツでは今でもアウシュビッツ強制収容所とナチスの責任を追及し続けていることが最近の新聞で分かりました。国家として戦争責任の追及を怠ったことと、戦後の近隣諸国への賠償を十分にしてこなかったツケが、戦後処理を誤り、戦争の記憶喪失の原因になり、新自由主義的経済の考え方と歴史修正主義が生まれてきたのだと考えています。

 新型コロナウィルスの感染禍の中で、漂流を続けている日本丸は、これからどこに行くことになるのでしょうか。過去の歴史を忘れた日本が、改憲し、軍備を整え、原爆も保有し、再び世界の孤児となって、いつか歩んだ戦争への道をひた走ることだけは決してないようにと祈るばかりです。今回の花は、国の為政者・指導者、国民のすべてが他者に対する「優しい心」を持ってほしいと願いつつ、アヤメ(花菖蒲)とします。(2020/8/14)

第33話 安倍継承の政治はゴメンです

    安倍首相はご自身の病のため、突如辞任しました。その後に、出来るだけ多くの人々の声を聞くことも怠り、菅官房長官が後任の自民党総裁、総理として選出されました。支持率が60%台と急上昇しました。不思議なことです。日本人は、なんと忘れやすい民なのかと呆れています。しかし、わたしは一人でも決して忘れませんよ。

 菅さんは「安倍政権の継承」を表明しています。最悪の選択です。コロナ禍への取り組みの稚拙さ、医療の不適切さ、PCR検査の決定的な遅れ、貧困者の増大等がそのまま継続されるのでしょう。なによりも、安倍政権で明らかになった立憲政治、民主主義政治に対する挑戦です。憲法をないがしろにし、アメリカから武器を爆買いし、アメリカと共に戦うことの出来る国にし、国の機密を増大し、国会を軽視し、国民に開示すべき事柄に蓋をして恥じない政治です。「法治」ではなく、自分勝手な「暴政」の継承です。

 「経済がうまくいっている」と言われますが、どうして民衆は目の前で進んでいる現状が見えないのか、といぶかしく想います。経済的な収奪が目の前で行われているのです。コロナ禍ではっきりしたのは、この10数年で保健所が統廃合されて半数になっています。収益率の下がっている公立病院は統廃合されてきました。医療に余裕がなくなったところに、コロナ禍が襲ったのです。しかし、医療体制の根本的な見直しの声は挙がりません。

 自助と自己責任、資本主義的競争を強調する新自由主義経済は強者の論理です。弱者が切り捨てられています。安倍政治を継承する菅政権にはできるだけ早く退陣していただきたいものです。できるだけ早く、野党が結束して政権を奪回し、憲法を遵守し、社会全体がゆとりをもって助け合い、支え合う共助、公助の世界・友愛の世界を築いてほしいものです。今回の花は、少し季節が外れますが、冷淡、冷酷、無情を花言葉とするアジサイとします。(2020/9/21)

第34話 民主主義が崩壊し始めています

 安倍前政権を引き継いだ菅首相は、首相就任から一ヶ月ほど、言葉数は少なく、地方からの叩き上げ出身ということで好感をもって迎えられたようです。しかし、メッキが早々と剥げてきています。安倍政権の継承を語ってきただけに、安倍首相が残してきた汚物処理には見向きもしません。モリカケ問題には無関心です。桜を見る会については問題にもしません。前政権の残した重い課題については口を拭って一切なかったことのようにして葬ろうとしています。アジア・太平洋戦争の戦後処理の方法と同じです。事柄の重大性を知っていながら、明確にきちんと追求しないマスメディアの責任も同様です。

 日本学術会議の6名の文系学者たちの任命拒否については深刻に考えざるを得ません。この6人の先生方は政府の方針にいろいろな機会に批判的な意見を表明してきた方々のようです。菅首相は任命拒否の理由を明らかにしませんが、出来ないのでしょう。自分たちの気に入らない人たちを切ったのです。そして、このことによって、すべての官僚、いやすべての裁判官、すべての政治家、すべての国民に、自分たちの言うことを聞かない者は「切る」ということを明示しようとしたのではないでしょうか。独裁と忖度政治が始まっています。

 菅首相は、ご自身の著書の改訂版の出版を通して、ご自分が野党の時代に公文書保存の大切さを語ってきた自分の言葉さえも削除したとのことです。都合の悪いことは、なんの説明もしない。開示もしない。反対論には耳を傾けない。一切秘匿するという秘密政治、強権政治がまかり通ろうとしているのです。日本の政治が大政翼賛会政治に堕落する前に、野党が小異を乗り越えて結束して、政権奪取をしてほしいものです。今回は、秋の「ススキ」とします。痛む心が通じ合う世界となることを祈ります。(2020/10/26)