26、キリスト教と女性について(1)

 この課題は、宗教にとって重要な事柄です。いずれ記さねばならないと思っていました。気の重くなる課題ですが、何回かにわたって記しましょう。

 今の世はまさに「女性の時代」と言ってもいいでしょう。アメリカに女性の副大統領が誕生し、ドイツでは引退表明しましたがメルケル首相が長年にわたって活躍し、日本でも議会における男女の同数が求められ、立憲民主党では役員の男女同数が実現しました。セクシャルハラスメントは厳しく咎められています。

 宗教の世界に目を向けると、様相が一変します。わたしたち日本キリスト改革派教会も女性の牧師、長老が実現したのはほんの数年前のことです。まだ女性の牧師を認めないプロテスタントの教派も多くあります。何と言っても、ローマ・カトリック教会では女性の司祭・司教はまったく認めていないはずです。また、司祭職の結婚も認めていません。そのため、司祭・司教職にある者によるセクシャルハラスメントが跡を絶ちません。現代の世俗世界とは大きく異なっています。

 このようなキリスト教の実情は、それ自体で理解することも大切ですが、実はユダヤ教やイスラム教と対比することを忘れてはならないのです。キリスト教とユダヤ教、イスラム教は、実は同根なのです。最も古く、共通項と言えるのが、ユダヤ教で「旧約聖書」だけを正典としています。「旧約聖書」という呼び方はキリスト教の言い方で、ユダヤ教では「タナク」(トーラー・律法の書、ネビーム・預言書、ケスービーム・諸書、の頭文字)と言います。この「タナク」(旧約聖書)の上に、キリスト教は「新約聖書」を置きます。イスラム教は「コーラン(クルアーン)」を置きます。

 女性にかかわる事柄では、キリスト教はイエスの教えを基本とした新約聖書によって旧約を乗り越えていきました。イスラム教は、ムハンマドの教えに基づくコーランにより、むしろ「タナク」をより厳格化していると言っていいでしょう。

 ユダヤ教の会堂(シナゴーグ)は、男性の場です。女性は片隅に追いやられ、会堂礼拝での奉仕は一切ありません。司式も、聖書朗読も、賛美も祈りも、男性の独占です。ユダヤ社会では、女性にも家庭などで一定の役割があり、世俗の領域では女性の実力が大いに発揮される場面もありますが、基本的には「割礼(男)の民」です。イスラムについては、わたしはよく知りませんが、ある一定程度の幅、許容度はあるようですが、基本的には女性の権利は世俗的にも宗教的にも確立していないようです。「保護」の対象に過ぎないのではないでしょうか。このようなユダヤ教、イスラム教との対比で見ることも必要ではないかと思っています。今回の花は優雅な「ダリア」とします。(2021/12/24)

27、イエスと女性たち(2)

 キリスト教における女性の課題は、新約聖書・福音書に記されているイエスと、イエスを取り巻く女性たちの姿が基本になっています。イエスは、当時のユダヤ教の律法理解に対して、「しかし、わたしは言っておく」と言い、律法成立の根源に戻って考え抜く姿勢を示しました。その結果、旧約の長い歴史の中に起源を持ち、結果として慣習として存在していた多くの差別を平然と乗り越えています。

 異邦人の女性やサマリアの女性に対しても平気で近づき、癒やし、救い、語らいます。ソーシャルディスタンスを保つべき「重い皮膚病」の人たちにも直接接して癒やします。イエスを取り巻く人々は、「罪人(職を持たない遊び人)、徴税人(ユダヤの富をローマにもたらす売国奴)、遊女(売春婦)」と言われる人たちでした。この人たちと平然と食事を共にしました。ファリサイ派の人たちが怒る理由です。

 イエスと弟子たち一行の旅を支えたのは女性たちでした。「悪霊を追い出して病気をいやしていただいた何人かの婦人たち、すなわち、七つの悪霊を追い出していただいたマグダラの女と呼ばれるマリア、ヘロデの家令クザの妻ヨハナ、それにスサンナ、そのほか多くの婦人たちも一緒であった。彼女たちは、自分の持ち物を出し合って、一行に奉仕していた」(ルカ福音書8:2-3)と記されています。イエスの旅の姿、その状況が、後の初代教会の日常生活の基本になったのです。

 ただ1つの問題が、12人の「使徒」の中に女性がいないことです。キリスト教の最大の難関と言えるでしょう。ローマ・カトリック教会につながる今日の課題です。当時のユダヤ社会の状況を色濃く残していると言わざるを得ません。これはわたしの理解ですが、イエスの「社会適応」の1つであったと理解します。イエスにおいても、すべての社会的な課題が完璧に解決したと見ない方が自然です。イエスの言葉と行いによって基本的な方向が開示されたということです。(2022/1/14)