1、「キリスト教散歩」とは…

「十戒」の解説を終えた後、さて、次に何を記そうかと考えました。「ニケア・コンスタンティノポリス信条」という古代教会の信条の解説を始めようかとも考えました。しかし、止めました。この「インターネット・オープンチャーチ牧場」を見ていてくださる方々には、あまり関心がないだろうし、わたし自身も準備不足を感じると共に、もう引退した身でそのようなことに取り組むだけの気力を失ってきています。

 牧師を完全に引退してから時間的な余裕ができ、テレビを見る時間が増えました。すると、企画された番組とは違い、俳優やタレントさんが街かどを歩く「散歩」番組に気づきました。俳優さん一人、駅前あたりから、適当にブラブラと好きな方角に歩き出します。なんの計画もアポもなしに、店をひやかしたり、面白い店舗や工場を見つけて入り込んで話を聞きます。お腹が減ったら、適当な店に入り、好きな料理を注文し、いろいろ蘊蓄を傾けます。表通りだけでなく、裏道に入り込んだりして、思いがけない面白い事業所などを紹介してくれ、こんなところに、こんな物づくりがなされていると、興味が湧きます。

 似たような番組もけっこうあります。見る人がいるのでしょう。しかし、見だしたら、興味が湧いて見てしまいます。なにげない街かどに、時に面白いお店や工場があり、そして歴史があるのです。「そうだ。こういうもののキリスト教版ができないだろうか」。そんな思いが湧いてきました。

 整理された組織的、専門的なキリスト教の道案内ではありません。行き当たりばったり、何にぶつかるか分かりません。表通りにも出ますが、裏道にも橫丁にも入ります。目に留まったこと、見聞したこと、感じたこと、何でも採り上げましょう。上からも、下からも眺めます。決して総合的、専門的には採り上げません。しろうとの目で見て、適当なところで終わります。無責任極まりないと言われるでしょう。そうです。もう、わたしは引退して責任を持たなくていいのです。

 この「インターネット・オープンチャーチ牧場」には、もう1つ「折々のことば」というページがあります。わたしの「時評」です。折々に感じた社会評論と言っていいでしょう。反対の立場に立つ人もいるでしょう。あまり直接的にキリスト教とは関わらせずに書いています。「わたしはこう感じ、こう考えている」というものを、折々に書いています。

 この「キリスト教散歩」のページは、まさにキリスト教に深く関わります。キリスト教の裏表を語ると言ってもいいでしょう。キリスト教に関わりを持って60余年、いろいろなことを見聞きしてきました。その中での率直な見聞記、随想を記させていただこうというものです。「よってらっしゃい。見てらっしゃい」。興味のある方は、どうぞご覧になって、お声をかけてくださいましたらと、願っています。(2020.9.25)

2、今、キリスト教会は……

    「キリスト教散歩」の手はじめに、「今、キリスト教会は……」という主題で、最近、見聞きしている教会の実情からお話ししましょう。わたしの見る限りでのことですが、どの教派、どの教会にもあまり元気がありません。元気に積極的に伝道していた教会もおとなしく、意気消沈しています。数百人の集会をしていた教会も痩せ細っています。理由ははっきりしています。「新型コロナウィルスの感染禍」を恐れるためです。

 キリスト教会の外で起こっているのと同じ現象です。老舗の店舗が次々に廃業しています。ライブハウスが休業しています。デパートや大きな系列の料理店などが整理統合されています。いろいろな業種のお店もあえいでいるようです。似た現象がキリスト教会にもあるということです。

 ソーシャルディスタンスということで、集会に集う人の数を極度に制限しています。礼拝をオンラインでのライブ配信に切り替えた教会も多くあります。集会そのものを取り止めてしまった教会もあるようです。「教会に、来ないでください」というような状況になっているのです。教会の最も大切な「聖餐式」をほとんどの教会で取り止めています。積極的に外に呼びかける「特別集会」などもすべて中止です。おかげで、わたしにも年に数件あった伝道集会の講師依頼はほとんどがキャンセルになっています。

 「教会」のことを、ギリシャ語で「エクレシア」と言います。意味は「召し集められた群れ」です。キリストによって、一人ひとり、あなたも来なさい、あなたも来るのですよ、と招かれて集うところが「教会」というところです。集会のことを「礼拝」と言います。プログラムに従って儀式を行うように思いますが、実は全体が祈りなのです。共に集まって、互いのことを覚えて、多くの人たちのために、祈りを捧げるところです。

 今、その集会が細くなり、自由に出来なくなっています。祈りがやせ細ってしまっていると言っていいでしょう。無観客での大相撲や野球、人を入れないでのコンサート、ライブハウスのようなものです。キリスト教会は、今、危機にあります。しかし、希望は地方にあります。都会から離れた地方の教会、田舎の教会が健闘しているのです。十分に注意しながらですが、いつも通りの集会をしっかりと守り続けている教会が多いのです。皮肉なことですが、元々、人数が少なく、コロナ禍の中でも比較的にクラスターからは守られているのです。田舎の教会が、しっかり集会を守り、しっかり祈りを捧げているのです。わたしは、この姿を見て、深い感動に包まれています。失望しないぞ、と。(2020.10.13)